新型コロナウィルス

新型コロナワクチン(ファイザー)とゼロコロナ

日本でも急ピッチでワクチン接種が進んでいますね。
新型コロナワクチンの臨床試験では、プラセボ(食塩水)と比較して95%の発病阻止効果が認められています。
ただ、臨床試験当時と違い、現在では変異型(主にデルタ型)ウィルスに置き換わりつつある状況です。
有効性に関しては60〜80%程度と今までよりも落ちる可能性が指摘されています。

しかし、それでも高い有効性がありますし、重症化を予防する効果も高いワクチンです。
積極的に接種を進めるべきと考えます。今後は変異型に合わせたワクチン接種になっていくかもしれません。
ワクチンだけでコロナを終息させることは難しいですが、かかっても重症化しないことは大切です。

モデルナのワクチンもファイザーとほぼ同等の有効性と考えられています。局所の腫れなどの副反応はファイザーよりもやや多いようです。

ゼロコロナの国

ゼロコロナ政策がうまくいっている国、それはニュージーランドです。市中感染はほとんど発生しておらず、マスクも着用していない、コロナ前と変わらない生活を送っているようです。ワクチン接種は日本よりも遅れており、ワクチンのおかげではありません。

徹底したロックダウンと検査/隔離、海外からの渡航制限で、早い段階でコロナを排除しています。
5万人のコンサートなども普通に開催されています。国の規模が違いますが、徹底してやればゼロコロナは可能なのです。

日本は・・・

コロナと共生していく方向です。場当たり的な緊急事態宣言ばかりで目指す方向が見えてきません。
個人的にはゼロコロナを目指して欲しいところですが・・・
早くコロナ前の生活に戻りたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA